選ぶ理由を知ろう|新築アパートに投資するメリット

住宅模型

最新記事一覧

相談が大事

マンション

収益物件による投資を行う場合、相談をすることが大事です。投資マネージャーによる不動産投資のアドバイスやノウハウを学び、チャレンジしてみましょう。大阪では多くのコンサルタントに相談できます。

気軽に投資

マンション模型

従来の不動産投資よりも気軽に投資できる方法が、自分以外にも出資者を募り、投資することです。ホームページみんなで大家さんは、そんな共同で出資をすることのできるサイトです。

賃貸保証会社を利用する

女の人

家賃をトラブル無く得る方法として、賃貸保証会社を利用するという手段があります。賃貸保証会社の利用は入居者貸主どちらにもメリットがある方法なので仕組みを知っておきましょう。

新築のメリット

アパート

不動産投資の一つに、アパート経営があります。このアパート経営を考える時に一つの問題が浮上します。それが、アパートは新築香中古のどちらが良いかということです。この2つは一長一短であり、どちらが良いのかというのは一概にはいえません。しかし、不動産投資が初めての場合は新築アパートの購入をしておいたほうが結果として無難です。
中古アパートを経営する上でのメリットは、安価で始めることができるということです。そのため、家賃の設定も安価にしやすいため、入居希望者が集まりやすいという点が中古アパート経営のメリットです。それに対して新築のアパートは価格が若干高くなりますが、設備が新品なのでリフォームなどを行う必要もなく、建物そのものの状態も良好であることが多いです。そして何よりも「空き室保証がついていることが多い」というのが新築アパートの魅力です。
不動産経営は、当然入居者が増えないと収入を得ることができません。しかし、新築でも中古でも必ず部屋が満室になるという保証がないため、立地条件などによっては入居者がいつまでたっても来ない可能性があります。そんな時、空き室保証があると空き室でも損害が発生することは少ないため、リスクの発生をおさえることができます。その結果、新築アパートのほうが結果的にメリットが多くなることが多いのです。そのため、多少割高になっても新築アパートで不動産投資を行ったほうが安定した利益を得られやすくなります。